読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

ニューダンガンロンパV3クリア感想ネタバレあり

本件はしっかりネタバレしているので、未プレイ、未クリアの人は死んでも見るな!
初回は是非ともフラットな気持ちでやってほしい一作です。

 

続きを読む

アイヌ差別騒動の問題点

最近はてなを賑わしてるアイヌ差別問題について、なんとなく問題点が整理出来る気がしてきたので書いてみます。

 

私のスタンスとしては以下の増田で書いちゃったんですが、もともとの文言に非があるのは確か。しかしそれを急に差別だと糾弾するのは反対で、アイヌ民族を上とも下とも見ていない相手、つまり知識も関係性も差別意識もない相手には、レクチャーの仕方を選んだ方が理解を得られると言う立場です。

anond.hatelabo.jp

 

てことで今回の問題点。

全ての反差別の方々がみんなそうだとは思ってませんが、その一部の方々の認識、マイノリティとは被差別者であり、マジョリティは差別者である。

と言う認識が今回の騒動の根底にあるんじゃないかと感じました。

この前提で全てを語ろうとされるから、アイヌを知らないだけでもマジョリティの責任を果たしていないとして差別者呼ばわりされますし、非常識人、幼稚な人間と烙印を押されます。

けど、やっぱり私はこれは無茶苦茶な理論だと思います。

 

「マイノリティは被差別者であり、マジョリティは差別者である。」

と言うのは正しいことは正しいんですよ。

ただし、私はその範囲に限度があると思います。

何故差別が起こるかと言うと、国でも市でも村でも、なんなら学校のクラスとかわかりやすいんですが、そのコミュニティの中で出来たグループで金銭、人間関係、絶対数、成績などと言った力量差から上下関係が生まれてしまい、それを元にカーストが組まれ、やがてその位にいることが理由となり虐げられると言うプロセスですよね。

つまり、特定のコミュニティ内で関係性があることから差別は起こるんだと思います。

関係性のない人間、そのことを知らない人間も差別を無視しているとして差別者だと今回言われました。

しかしそれはやはり暴論ではないでしょうか。

同じコミュニティ内で無関係を装うのが加担側にあり罪になることはわかります。

これはつまりそのコミュニティ内のマジョリティだからです。

今回大きく騒動となったのは、そのコミュニティ外まで際限なくマジョリティとしてしまっていることがこじれた原因だと思います。

そんなことをしてしまうとどうなるかと言うと、人類皆差別者になるしかないんです。

今回アイヌが焦点ですが、差別はとても細かく、それこそ差別すら差別的なまでに大小様々に日本各地どころか世界各地にあるものだと思います。

それを一つ一つ知らないことが罪と言われてしまってはひとたまりもありません。

もちろん今回反差別側である人も、皆差別側の人間となるでしょう。

そんな大きな話をしていないと言われるかもしれませんが、関係性がない人間まで責めてる時点でそういうことを言われてるんですよ。

で、私と同じスタンスの人は、コミュニティ外の人にはそのコミュニティがどうなっているのか、ちゃんと説明した方が理解が得られるんじゃないかと言っているんです。

同じコミュニティ内のマジョリティに対して多少攻撃的になってしまうのはわかります。

しかし、コミュニティ外はマイノリティもマジョリティも、その認識すらありません。

それを一方的にお前はマジョリティ(差別者)だと言う認識で小突いても、相手は混乱して怒るか恐怖するかしかないでしょう。

私はやはり何も知らない人へは何も知らないなりの対処を選ぶべきだと思います。

シュールなマンガは好きですか?ヒナまつりのすゝめ

思い出したように今更ヒナまつり10巻を買ったんですが、何これと笑い何これと感動しました。

思えばシュールさって、「何これ」という状況が作り出すんだなと言うことを徹底してシュールなこの漫画は教えてくれます。

普通漫画と言えば伏線はったり風呂敷広げて、それをいかに上手く畳むかなんてところをよく楽しみにしている私ですが、ヒナまつりに関してはそんなのもうどうでもいい、畳まなくていい、投げっぱなしでいい、だってヒナまつりは他の漫画が頑張って伏線はったり回収したりって割いてるエネルギーを、いかにしてシュールな状況を生み出すかに割いていると、ギャグマンガなのに9巻での突然の3年経過と話をぶん投げて10巻で上手いことまたシュール漫画として着地させていることで確信しました。

前々からごりごりのギャグ押しではなくシチュエーションで押してくるシュールさがたまらんくて好きでしたが、普通ならもう独立して別漫画にでもなりかねない、3年経過して主人公と益々接点がなくなっていくサブキャラ達のストーリーを、主人公とのシュールな対比としてあえて一つの漫画に残している。そこまでしてシュールなんだなと痛感しました。

 

「何これ」と笑って泣けるシュール漫画【ヒナまつり】おすすめです。

 

 

反自民じゃなくて抗自民を切実に願っている

先日飲み会で、友人が政治について熱く語っていた。
自民に任せていたら日本はとにかく悪くなるばかりで、特にうちら若者世代にとって未来はないと。
なんでも良いから自民だけは引き摺り下ろさなければならなくて、そして10年かかってでも野党を育てなくてはならないと。
その筆頭として民進党を挙げていた。

言いたいことはよくわかる。主に自民批判に関して。
将来貰えない年金、益々進む高齢化社会への無策、浪費を思うと作れない子供。
でもだからと言って自民を引き摺り下ろして10年かけて民進党を育てるというのはとてもじゃないけど飲めなかった。
かれこれ見てきたこの10年以上、民進党(民主党)に成長を感じたことはないからだ。
いつだって政界の吹き溜まりであり、主に構成しているのも自民の落ちこぼれと言った印象しかない。
口を開けば自民批判。その文言、手段はほぼなんでもあり。
とてもじゃないけど政治家どころかただの大の大人としてすら尊敬できるとは言い難い内容。
政権交代しても結局無策で、それまで掲げてきた綺麗事だらけで具体性が見えてこなかったマニュフェストはやっぱり一つも守られることはなかった。
結果自民党が整備してきたインフラなどをただ悪として壊しただけで、場合によっては現実を知って後から元の形に戻そうとしたりとひたすらに反自民を貫いただけの無能だった。
と言うかあの政権の最初の目玉は埋蔵金であり、支持者はよくあんな恥ずかしい文言で支持できたなと思う。
まあ、ご存知の通りなんやかんやかけてやっぱり政権維持はダメだった。

友人も政治家はバカばっかだから頑張って育てないといけないとは言ってたものの、民進党じゃさすがに今更何の期待も掛けれない。
しかし確かに政権持てるのが自民一党と言うことにやはり焦燥感はある。

結局、鍵は自民党が握っているんじゃないかと思っている。
今の時代、政権維持のノウハウは全部自民が持ってるだろうし、長い間政権を勤めた分の安定した信頼もある。
自分が政権を、日本という国の運営に関わりたいのであれば、右派思想であろうが左派思想であろうがそうした事は肚の底に隠してでも自民に潜んでいると思う。
中には信念を曲げずに独立した政治家もいるだろうけども、自民以外が政権を担えるかとなると現状難しいだろう。一人の政治家は支持できても、政党としての支持となると話が変わってくるからだ。
なので理想としては、自民内の左派と右派が割れてそれぞれ政党を担って競合してくれれば理想的じゃないかと個人的には思っている。

もし友人路線、1から政党を育てるのであれば、それには先ずカリスマ的な政治家を待つことになりそうだ。
カリスマと言えば、主義・思想は置いといて橋下徹が思い浮かぶ。
政治家のスタイルとして彼は理想的だった。
自分のやりたいこと、ビジョンを持っていて、その道筋を筋立てて、実行して行く。
本来政治家は何かしら主義・思想・理想を持ってなるもので、そのビジョンに向けてグイグイと皆を引っ張ってもらいたいもので、国民と一緒になってただただ文句を言うだけの政治家は不要だと思う。
もちろん政治家としての自分の仕事をした上でいろんな政策に対し突っ込んでもらえるなら何の申し分もない。

とにかく今、純粋な自民支持と言うのは少なく、自民支持と言うのは単に反自民に対して
自民潰すなら次どうするの?と言うだけで、大多数は新たな救世主、救世的展開を待ち望んでいると思う。
もう反自民だけの無策は要らない。
策を講じた抗自民が必要であり、それを切実に望んでいる。

記憶をなくした少女の幽霊と幽霊に恋をした少年の恋物語-黄昏乙女×アムネジア-

前回控えめなネタバレなしオススメ書きました。基本オススメはなるべくネタバレせず、新鮮な気持ちで楽しんでほしいと思うので、ああなるんですが、簡素すぎて魅力伝わってなくね?と不安になっています。
というわけで今回は感想として、いろいろ好きに書いちゃうぞー!

・夕子さんがとにかく可愛い

黄昏乙女×アムネジアにはコメディと恋愛とホラーとミステリーとシリアスの要素があるんですが、なんだかんだ主軸はやっぱり主人公とヒロインの恋物語だと思います。
恋物語の面白さに上手いこと記憶をなくした幽霊と言う設定を被せて恋の障害やら駆け引きやらが独特なテイストで面白くなっていると思うんですが、なんと言ってもこの恋物語の面白さ、説得力に夕子さんの魅力は欠かせません!
作者に中学生(15才)じゃないだろと突っ込まれるお姉さん的なエロい肢体と、それを惜しげもなく晒したかと思えば自称エロい死体(白骨)は見られる事を恥ずかしがったり、イタズラ好きだったり、触ってほしいと迫ってきたり、構ってちゃんだったり、怪異には懐疑的でリアリストだったり、嫉妬したり、演じる声優さんがハマり過ぎててその声がなんとも良かったり(影含む)と、一見しっかりしてて芯が強そうなんだけど寂しがりと言う色気のある女性の可愛さをこれでもかとぶっこんだ様な可愛さでありつつ、中盤から終盤にかけては記憶をなくした幽霊と言う儚さがその可愛さを裏打ちしてきて、なんとも言えず一人の人間として生々しい魅力を備えています。(て言うか幽霊ながらこの作品で一番人間らしい生々しさを孕んでるのは夕子さん可愛い)
さすが中学生男子に“人を好きになるのに幽霊かどうかはあまり関係ない”と言わせてしまうだけの事はあります。
まあこの作品の幽霊は生者にできない事は幽霊にもできない(壁やドアをすり抜ける、好きな姿に変わるなど)、ただし幽霊の見え方は見る人の思い込みによって変化すると言う幽霊モノにしては結構ドライな設定なので、普通の人間らしい幽霊と出会って仕舞えばそうなるのかも知れませんが…。
とにかく夕子さん、ヒロインとして魅力満載です!

・キリエさんは中二病可愛い

このアニメ、サブキャラ含め基本怪異調査部の4人しか出てきません。
主人公の新谷貞一、ヒロインの庚夕子、そしてサブキャラの霧江さんと小此木さん。
原作では他にも色々と怪異があったり、サブキャラが居るんですが、アニメでは夕子さん関連にストーリーを絞った結果だと思います。
原作連載中のアニメ化、しかも1クールと言う事でお察しください。
しかしこのサブキャラ陣も愛されキャラとして良い味出し過ぎです。
キリエさんはシリアスシーンにはキメポーズやキメ台詞(謎の光や風がカッコ良さを演出)でシュールな笑いを誘い、ホラーシーンではガチ泣きで庇護欲とギャップ萌えを誘ってくれるツンデレキャラです。
ところどころ探偵並みの名推理でストーリーを引っ張ってくれたりもしますが、そんなことは二の次です。

・小此木さんはハイテンション可愛い

間違いなくこの作品ナンバー1の強メンタルです。メンタルが強すぎて霊感がなく(?)レギュラーメンバーで唯一、夕子さんが見えません。
怖がる時も嬉しい時も、ことあるごとに騒ぎ立てますが、不自然なまでにダメージがありません。
どんなに怖いことがあった夜も爆睡したり、主人公に告白して振られた時に若干辛そうな描写があっても、同日夕方にはすっかり立ち直ってて凹んだ描写微塵もなかったり…お前もアムネジアしてね?
とにかく最後までハイテンションで天真爛漫なマスコットと言う感じで場を盛り立ててくれます。

・10話という存在

もうここまで語ったこの作品の魅力全否定に迫る様な壮絶な回なんですが、正直このアニメの中で一番評価してます。
続く11話の展開のトリッキーさや最終12話の演出も良かったですが、個人的にはこの10話が一番衝撃的で、一番心に残り、一番辛さがダイレクトに繋がってくるこの回が、一番泣きそうでしたね。
話的には単純だし、昔話的にはよくある話やシチュエーションの類に放り込まれるものだと思いますが、何と言っても1話使って丁寧に一人称視点であれをやられると堪えます。
ところどころ演出が光る作品ですが、この10話は本当に丸ごと演出にやられました。
声優さんも怪演でしたし、アニメならではの効果的な回でした。

この作品はただほのぼのと軽い気持ちで幽霊という存在を出していません。
幽霊と言うからにはそこには未練、恨みがあって現世に留まっています。
しかし夕子さんが主人公と初めて出会った時、夕子さんは言いました。
「私には未練も、恨みも、何もない」と。
10話はそんな夕子さんの未練、恨み、失くした記憶の真相回です。心してご覧ください。

・原作とアニメ

キリエさんのとこで書いてしまいましたが、このアニメは原作連載中にアニメ化されたもので、中盤あたりからアニメオリジナルとなっています。
しかしアニメも原作も、それぞれ筋を通してしっかり最後まで話を作っているので評価が高く、実際読んだ私も両方楽しめました。
あんなに評価した10話(過去の真相)も、原作では色々と別物なのです。
実は最初読んだ時はアニメに感情移入しすぎてて異物感あったんですけどね、しっかりよむとしっくりくるし、原作ラストまでの話の通し方も良かったです。さすがは原作者様!
なのでアニメをずっと推して書いてますが、原作ももちろんオススメです!
全10巻なので、割と手頃です。

・まとめ感想

長々と書きましたが、キャラが、構成が、演出が、音楽が、色々と愛おしいんですよね、この作品。
見始めるとついつい次へ次へと見てしまい、もう4周してしまいました。
程よくコメディで、程よくシリアスで、程よくホラーで、そしてミステリアス。
その雰囲気が本当に上手いこと融合されていて、見終わった後の余韻というか、喪失感と言うか、終わってない感が凄いです。
もう日常系でも良いから続きを見たいような。(綺麗に終わってるんで本当に作られるのも怖いですが)
重大なネタバレですが、アニメも原作も、成仏エンドじゃないんです。
幽霊が現世に留まり続けるなんて普通なら不穏なんですけど、この作品的にはアリだなー、ハッピーエンドだなーって思わされてしまうような作品なんです。
そんな愛され作品が、当時売り上げ2000枚弱だとか、個人的に評判を聴いたこともなかったし、ニコニコ配信買ったけど再生数低いですし、今更知りながらももっと広めたいなと思いました。
原作で主人公が夕子さんにそうしたように、世の怪談みたく、口コミでも再評価されて評判が広まってくれれば嬉しいですね。


【PV】TVアニメ『黄昏乙女×アムネジア』プロモーション映像 第3弾

【ネタバレなし】埋もれるには勿体ないアニメ黄昏乙女×アムネジア

2012年のアニメですが、なんで当時見てなかったんでしょう?
存在に気付いていなかったんでしょう?
評判も正直聴いたことがなく、今回見たのも面白そうな漫画漁ってて、そこからアニメ化されてるのも知ってのたまたまだったのだけれど、なんで評判を聞かないのか、本当にもったいない作品だと思いました。

と言うわけで記事化に至ります。以下本題。

黄昏乙女×アムネジアはネタバレ薄めでざっくり概要を言うと、記憶をなくした少女の幽霊と一人の少年が出会ったとこから始まる恋愛譚です。

ジャンルでいうとラブコメチックミステリーホラーと言う感じでしょうか。記憶をなくした少女の幽霊と言う存在がこの3つのジャンルを上手く融合させるキーとなっていて、ラブコメであってもどこか陰のある物語にグイグイ引き込まれていきます。

また、演出がわかりやすく言うと化物語など手掛けているシャフトの演出で、それがこの作品にはよくはまっていて、色気のあるシーンやホラーなシーンを効果的に印象付けています。
ちなみに監督や脚本などのメインスタッフはシャフトのefと言う作品に携わってた人達のようです。

そして全12話でありながら、こうした物語や演出を持って畳みかけてくる終盤、しっかりと収束するラストは本当に見事でした。

今期やってたとしたら昭和元禄落語心中とはまた別のベクトルで、同じくらい楽しんでいたと思います。

 

イラストがいいのでAmazonはあえてBD6巻を貼ります。

黄昏乙女 × アムネジア 第6巻 [Blu-ray]

黄昏乙女 × アムネジア 第6巻 [Blu-ray]

 

 

アニメの円盤いくつか買ってみて感じたこと

アニメが好きで何度か応援のつもりで円盤買ってみたけど、高い割にそんな見返すこともないんだよね。
持ったところで自慢する気にもなれない、そこまでリアルでアニオタを主張したいわけでもないし。
今期だと昭和元禄落語心中とか、ものすごく応援したいんだけどお財布と相談すると円盤買えはやっぱり辛い。
円盤買うか買わないかでしか応援出来ないのは気分的には0か100かしかないみたいな感じで、5くらいの気持ちで応援できたらいいのになと思う。
応援って言うのは、純粋に続きだけ見たいことが多い。
あと良く出来てた、面白かった!的な返事とか、敬意とか、示したいという感じ。
でもそれが6000〜8000円かかりますとなると気が引けちゃうんだよね。全部買うと4、5万とか…。
面白かったら500円くらいのおひねり投げ入れるくらいで応援したい。
そしたら毎クール、毎作品だろうがある程度応援の幅が広がるんだけど。
そんな仕組みを作って欲しいなあ。
見返りは、それで続きや次の作品の励みや制作費になってくれりゃ十分だから、別に円盤までは要らないんだよ。場所も食うし。
何かしら簡単な特典はあってもいいかもだけど。

ニコニコ動画の広告は良いシステムだなあと思います。
あれなら自分で金額も選択出来るし、あんな感じでまま制作側にお金が行くなら理想だなと思ってます。