読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

イスラム国呼称を続けるメディアはイスラム教のフォローをすべき

今日"イスラム"についてこんなニュースがあった。

団体名に「イスラム」、口座開けず 沼津信金が拒否:朝日新聞デジタル

ブコメもしたけど100文字程度では足らないと感じたので改めて発信する。

テロ組織ISILについては今更なので経緯は省く。

ISILの"イスラム国"呼称問題について言及したい。
 

"イスラム国"呼称問題はISILを"イスラム国"と呼び続けるかどうかの問題で、個人的にはムスリムの人々の声を汲んで早急に変えるべき、それも紛らわしくないように統一してと言う立場だ。
 

ただでさえ似通ったモノにはイメージが根付く。だから経済社会では著作権などの保護がある。情報リテラシーの有無で片付くならそんな保護はいらない。似通った相手が殺しを厭わないテロ組織では尚更たまったもんじゃないだろう。産まれ持った名前や保護すべき対象などではないのだから変えられるものなら変えてしまえばいい。
 

だがしかしのらりくらりと理由をつけて"イスラム国"呼称を続けますというメディアが現れてきた。(//見出しから見苦しいので適当ですがリンクです)

そういう表明をせずとも"イスラム国"呼称を続けているメディアも多い。
 

前置きが長くなったがここからが本題だ。
 

"イスラム教"と"イスラム国"では似通うだけじゃなく日本語として意味が通り過ぎている。子供でもイスラム教の国がイスラム国と普通に捉えることが出来てしまう。だから私は呼称を変えるべきと言う立場だが、それでも続けるメディアは続けるだろう。

では続けるだけの責任をそのメディアは果たしてきたのか?果たしてないならこれからでも果たすべきだ。

その責任とは"イスラム教"と"イスラム国"の違いをしっかりとフォローすることだ。

なんだかんだでメディアの影響は現在も多大で、最初にあげた記事も結局は"イスラム"と言う単語へのネガティブイメージから来ている。

"イスラム国"呼称で報道するならそれと同等の発信量で"イスラム教"のフォローを執拗にすべきだったと思う。テレビならテロップでも常につけておけば良かった。そうするだけで視聴者・読者のリテラシーを育て"イスラム"と言う単語へのヘイトはある程度避けられただろう。

今のところそうしたメディアから"イスラム国"と"イスラム教"の関係性、違いと言ったリテラシーを育むような大々的な報道は見た覚えがない。

"イスラム国"呼称を使い続けますと言う毒にも薬にもならず、結局リテラシーがなく混同する人間が悪いと結論付ける記事しかなかったのが腹立たしい。子供でも混同できるような情報を与えておいて子供が"イスラム"を理由にいじめを行うようなことがあっても彼らは差別するのが悪いと当たり前の事を言って叱るのだろうか。

今回は地方銀行が起こした事件だったが、これは氷山の一角で、後に控えてるリスクは多大だと思う。『"イスラム"を理由に拒否された』と言うのは単に差別では済まず、これは言わばテロの成功例だ。メディアにはその重大性をしっかりと認識して対応して行ってほしい。