やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

今更ながらアマガミのちょっとおまけ劇場EX2-高橋先生√-やってみた

いやあ、NTRって良いですよねえ。
何が良いって、彼氏彼女や夫婦と言う立場でありながら、次第に落とされていってしまうと言う過程と、そして片や絶望を味わって行く過程の一粒で二度美味しい感が良いですよね!
NTRを唄いながらただのビッチが一戦交えて行くパターンのやつは詐欺で皆訴えられてしまえと思うわけですよ。
痴漢ものなのに堂々と車内で乱交するな!コスプレものなのにすぐ全裸になるな!お前ら釈迦に煩悩殺がれて悟りを開いてしまへ!
こう言う属性好きの読者がこう言う本に求めているものは、ただのエッチじゃないんですよ!
場所がおかしかろうが、シチュエーションがおかしかろうが、恥じらいもなくただエッチされたら、それは素材の味を全て殺したただのエッチなんですよ!そんなものはいらない!
そしてNTR好きというのはね、高いハードルと丁寧な心理描写!紆余曲折を経た心理描写がなんとも心を突くんです!
時にやるせなく、時にカタルシス、特に好きです色白好。
一応弁明しておきますが、リアルにそんな事しようなんて事は決してないです。
リアルは彼女一筋です。私は裏表のない素敵な人です。そして上記は私とちょっとエッチな彼女との総意です。

と言うわけでまあ、私は揺れ動く丁寧な心理描写に弱いわけですが、アマガミの高橋先生√は正にその辺りの描写、そしていろんなキャラを活かし切ったカタルシスがなんとも良かったです。
先生と言うのでピンとくるかと思われますが、これは教師と先生の恋愛ものです。
せっかくなのでちょっと簡単にアマガミの紹介も書いておきます。

アマガミとは
アマガミとは男子高校生の主人公(変態)と個性的な6人の女子高校生のヒロインとの恋愛模様を見て楽しむゲームです。18禁ではありません。
一応主人公の名前を変えられたり綿密な細かいストーリー分岐があり自由度が高いですが、主人公のキャラが濃く、恋愛シミュレーションと言うよりは自由度の高い読み物です。
主人公含め各ヒロインからモブまでよくキャラが立てられており、そのキャラ同士の絡みが面白かったことから人気が出ました。
また登場人物は全員黒髪か茶髪でリアル志向、恋愛ものとして面白くなるようにあえて学生があまり携帯を持っていなかった1990〜2000年辺りを時代設定しているのも面白いです。
今30歳〜40歳の方、貴方の青春時代が舞台ですよ!
今ではPS2以降のPS系の機器なら大体プレイ出来るよう移植やDL販売されてます。
(DL販売はタイトルがアマガミではなく、エビコレ+アマガミになってるのが50音順的にややこしい)
その他細かい事はwikiなど見てください。

とりあえず、2009年発売のソフトになぜ今更という事もありますが、最近ニコニコ動画のランキングにアマガミが入ってたので懐かしくなり、それ見てたらアマガミ熱が再燃しちゃって、しかしアマガミは以前オールコンプリートまでやりきったので、どうしようかと思ったところ当時(2011年頃)入手困難だった“ちょっとおまけ劇場”(Windows版のみ)と言うファンディスク的なアイテムがAmazonなどでDL販売されてることを知り、値段も安くなっていたのでサクッと購入に至ったわけです。
そんなファンディスクの中でも目玉だったのが特にこの本編で攻略出来なかった高橋先生ルートと塚原響と言う先輩ルートです。

アマガミと言うゲームは、明らかにアウト(18禁)を匂わせる描写を含みつつ、バカでエッチなおっさん達が真顔で、必死で、健全である事をのらりくらりと絵を変え言質を変え、シチュエーションを変えてCERO C(15才以上を対象)に落とし込んだ努力が垣間見える感じのゲームです。
多分そんな努力が全てではないですがたぶん!

で、高橋先生ルートをやってて思ったわけです。
他のおまけと比べてこのルートだけ異様に気合い入ってるというか、長いし本編と整合性取れてるし、ストーリーがいやに丁寧だし本編の会話システムの名残も感じると。
あれ?これってもしかして、CERO Cの為に教師との恋愛だけ省いたのではと。

アマガミには数多のエンディングが用意されてまして、大きく分けてBEST、GOOD、BADです。(知らない人からすると複雑怪奇なので本当にざっくりと分けました。ちゃんと分けると30種くらいあるそうです。)
だがしかし、高橋先生ルートは本編のとあるシーンからよく整合性が取れて繋がってるわけですが、その入り口は表示がBAD ENDじゃなくてGAME OVERなんです。
アマガミとしてのGAME OVER、それは用意されたヒロイン(女子生徒)たちから道が逸れること!

つまり私は確信しました!そして、アマガミやり尽くしたよって人に言います。
高橋先生マジいいから、やろう!隠されたアマガミ!幻の本編!最後に残された世界線!

以下ざっくりとオススメしながらざっくりとネタバレします!確信的なことは言いません(・x・)

何が良いって、最初は完全に高橋先生視点(ボイス付き)で始まるのがもうたまらんですね!
あの時高橋先生は実は!と言う本編への整合性を取って行くう!
と同時に、高橋先生の人物描写が行われるわけです!
そのことによってえ!
以降主人公視点に切り替わっても、先生がどう思って何を考えてそうしているのかとか、夢(妄想)が広がって、弾ける!
いやもう、本編でもヒロイン視点はちょいちょいありましたけどね、高橋先生視点は結構なボリュームで主人公視点とサンドイッチなわけです。
高橋先生が少しずつ意識していって、抗うのに抗えない感じが!
いやあ、たまらんですわ。。。
そしてね、先ほど申し上げました通り、仲間キャラ、先生編ではモブだけどもとある正ヒロインも含め、仲間の活躍が憎い!
ラスト近辺のネタバレなのでナニとは言わないけどもアマガミ本編やり尽くしたよって人へのスタッフのご褒美もにくい!
いやあ、たまらんですわ!
そして、本編ではなかった乙女な高橋先生の追加CG!紆余曲折あっての感極まっての追加CG!
いやあ、、、、、たまらんですわ!!!

というわけで、はい、私“いやあたまらんですわ”がちょっと熱く今回アマガミについて語らせて頂きました。
最後に一言だけ、叫ばせて頂いて〆ようと思います。

 

<font size="160" color="red">アマガミの後継作はまだですか!?!?(血涙)</font>

 

※某ツイートは見ています。忘れた頃にやってくるらしいですね。2020年かな。ははっ。
ステマではございません。だが買え。買ってください。何でもしますから!(何でもするとは言ってない)

 

エビコレ+ アマガミ特典なし

エビコレ+ アマガミ特典なし

 

 

アマガミ ちょっとおまけ劇場 EX2 [ダウンロード]

アマガミ ちょっとおまけ劇場 EX2 [ダウンロード]