読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

【ネタバレなし】昭和元禄落語心中の面白さ

今期アニメでどっぷりはまっております、昭和元禄落語心中でございます。
あまりにはまったもんだから記事の一つくらい書きたいと思います。
とても良いストーリーなので、なるべくネタバレはないようにざっくりやっていこうと思います。
以下よろしくお願いします。

昭和元禄落語心中とは
昭和元禄落語心中は昭和落語界最後の大名人『八代目有楽亭八雲』を巡る落語めいた人々の奇妙な巡り合わせが描かれた漫画で、現在アニメが放送中です。 

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

昭和元禄落語心中(1) (KCx)

 

 

リアリティ溢れる人物像
この話の何が面白いかと言うと、ずばり生々しさ。リアリティがあると思います。どういう事かというと、創作にしては話がとても自然で、まるで本当にそうした人物がいるかのようなドキュメンタリータッチな作品になっています。
良い意味で物凄く嘘の上手い作者さんだと思いました。

例えば落語心中と言うこの変わったタイトルですが、この【落語と心中する】と言う意味合いの言葉は割と序盤に有楽亭八雲の口から出てきます。
大抵のアニメや漫画なら早々にタイトル回収かなとか思っちゃうんですが、これがストーリーが明らかになるに連れ、生々しく人生の重みを持ったものに変貌して行きます。
丁寧に丁寧に人物を描き出すことで、なぜ大名人はそんなことを言うのか?と言う過程に物凄い説得力を持たせて来るのです。
最初にこの言葉を見た時と、事情を知って振り返って見た時、丸で重みが違います。
そうしたところがとても上手く面白いと思いました。
また、それでいながらぽんぽんと絶妙に時が飛ぶので、話のテンポも良く楽しめます。

BL的な描写への持って行き方上手さ
またちょっと違う視点ですが、よく指摘されてますが作者さんはBL作家さんでもあります。
なのでそれっぽい事を意識されたのではないかと思うシチュエーションもあるのですが、それはそれで説得力をちゃんと持たせていて、なぜそうしたのか理解しようとすれば自然に出来ると言う、そういう無理のない話の持って行き方の上手さも面白いと思いました。

例えば男の子同士で指切りするシーンとかあるんですが、そのシーンは今生の別れになるかもしれない的なシーンです。その上で、指切りを切り出す男の子は女系の家庭の出で、歌や踊り、琴と言った大正・昭和の女性の芸事が身に染みていて、しぐさや話し言葉もどっぷりと女性らしさに浸かっているのです。
それを思えば指切りと言うのは、その子にしてみれば幼いころから約束と言えば指切りとごくごく自然な事だったのではないかと、私は勝手に補完出来ました。

直でBLらしいシーンを描かれる事はないというか、むしろ直でそれっぽいとこはきちんと一般人視点で引いてる描写をセットで描かれて一線引いてますが、何と言いますか、作者なりの趣味・嗜好を入れつつもメインの話を全く邪魔しない描き方に感心しました。


アニメ版のすゝめ・原作のすゝめ
以下だらだらとすゝめ的なこと書いてるんですが、私の拙い言葉にそれほど説得力があるとも思いません。なので冒頭で一言言わせてください。

主に硬派・真面目なアニメ、大人向けのアニメが好きな人が主にハマると思います。
人間ドラマ好きな人にもずばりとハマると思います。
そんな人は騙されたと思ってアニメ第一話見てください。
もしくは騙されたと思って原作大人借りして読んでみてください。
どっちから入ってもOKです。どちらかで面白いと感じたら、どっちも楽しめると思います。
では以下、私なりのすゝめです。

アニメから入った輩の意見なので日も浅く恐縮なのですが、原作も読んだ上で言わせて頂きます。

アニメとても良いです!
原作にある魅力や雰囲気を最大限引き出そうとしてる感じが見て取れます。
そしてなにより落語をしっかりとアニメという媒体に載せることに力が入ってます。
原作では落語中の心情は文字で書かれていましたが、アニメではキャラの落語のトーンやしぐさ、音楽と言った雰囲気で表現してきます。
なので声優に求められる力量も半端ないのですが、それに見合った声優をしっかりと揃えてると思います。

そしてちょいちょい差し込んでくるアニメオリジナルが良い!
原作はもちろんの事素晴らしいんですが、普段はいまいちに思うことも多いアニメオリジナルシーンがこの落語心中はとても良いです。
やりすぎず、細かすぎず、なぜ描いたのか意図がよくわかり、原作の人物や雰囲気をさらに掘り下げる働きをしています。

TV版ではカットされてますが、萬歳師匠と与太郎の1シーンとか。(原作8巻特装版DVD及びDC版のBD/DVD第一巻には収録されるかと思います。)
原作にはなかった第2話の初高座のシーンとか。もうお見事です。

とまあアニメを推させてもらいましたが、原作は原作でもちろん良いです!
ちょいちょいカットされてるシーンも描写もありますし、差分が原作とアニメでどちらも補完をし合うような、一番良い関係ですね。

まだアニメは3話といったところですが、これからも様々なドラマ・落語と美味しいシーンが盛り沢山なので、アニメでどうなっていくのかとても楽しみです。
アニメ見た人は原作を・原作見た人はアニメを、最後までどちらも楽しめる作品になることを祈っています。

ちなみにアニメはこっそりアマゾンビデオでも配信されてます。
うちの地域じゃ見れないと言う方はアマゾンプライムをご一考下さい。(ステマ


駄文
このアニメ見てると2つの作品が頭を過ります。
一つはNHK連続テレビ小説。過去編に入って八雲のナレーションが入るからか益々それっぽくw
クオリティ的に実写やるなら本当に連続テレビ小説枠でも問題なく思っていますが、声だけでも大変なのに身振り手振りつけて落語するとなると、いよいよ適役が無理そうですねw

もう一つはるろうに剣心追憶編。アニメの本気度と言うかリアリティと言うか、そうした雰囲気で連想してしまったんですが、物静かなEDとか。よくよく思えばあれもスタジオディーン(アニメ制作会社)なんですよね。ちょっと古い作品だけど、スタッフかぶってるのかな?

駄文お粗末さまでした。