やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

アニメ昭和元禄落語心中の脚本が素晴らしい

第7話まで見ましたが、出来の良さに感動しての昭和元禄落語心中2つ目のエントリーです。
前回もちょろっと触れたんですが、アニメ第3話時点だったかと思います。
第7話時点まで見て、このアニメ、やっぱり出来が良い!

とりあえず演技の良さ、単にベテラン声優と言うだけでなく、誰もが納得するレベルの今アニメ化するならこの人たちしかいないキャスティングは結構話題にもなったと思うのでさておいて、ずっと感心してるのはアニメオリジナルの視点です。

よくアニメで原作と違うオリジナル展開なんてやるとどこか違ったり破綻したり、意図がわからなくて気持ち悪かったりと言うことがあるんですが、このアニメは原作の時系列には逆らわず、原作になかった隙間のエピソードを上手く取り上げて、そして原作パートと違和感ない融合を成し遂げると言う器用なことをやってのけてます。

つまり原作から更にキャラの掘り下げがよく為されていて、上げて落とす展開で言う上げて上げてをキャラ掘り下げて丁寧に原作の雰囲気を保ったままやってる。※7話時点

だから原作知っててもアニメ見ていて楽しいし、先が楽しみです。
前も書いたけど、本当原作の補完が上手く、理想のアニメ化だなと感心しています。
実は脚本雲田さん(原作者)じゃなかろうかと太鼓判を押しておきましょう。
みんな演者は褒めるけどどうしてこの脚本は話題にならないんだ!?

原作にしかないエピソード、アニメにしかないエピソードが多分にあるので、アニメしか見てない人もコミックスしか読んでない人も、互い見る価値がありますね、この作品は。

原作通りのアニメ化もとても良いんですが、このアニメは本当良い意味で裏切られます。

以前ちょっと一部改変、八雲が与太郎に耳かきするシーンで小夏に見つかってたとこが松田さんに変わってたとこだけ面白い反応が見れなくなってて愚痴ったんですが、7話を見た今、土下座させていただきます。

原作ファンに向けたナイス改変でしたね。

アニメはAMAZONビデオで過去放送分も見られるので、最初のほうで切っちゃった原作ファンの人にもオリジナルエピソードの多いアニメお薦めしておきます。 

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)