読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

反自民じゃなくて抗自民を切実に願っている

先日飲み会で、友人が政治について熱く語っていた。
自民に任せていたら日本はとにかく悪くなるばかりで、特にうちら若者世代にとって未来はないと。
なんでも良いから自民だけは引き摺り下ろさなければならなくて、そして10年かかってでも野党を育てなくてはならないと。
その筆頭として民進党を挙げていた。

言いたいことはよくわかる。主に自民批判に関して。
将来貰えない年金、益々進む高齢化社会への無策、浪費を思うと作れない子供。
でもだからと言って自民を引き摺り下ろして10年かけて民進党を育てるというのはとてもじゃないけど飲めなかった。
かれこれ見てきたこの10年以上、民進党(民主党)に成長を感じたことはないからだ。
いつだって政界の吹き溜まりであり、主に構成しているのも自民の落ちこぼれと言った印象しかない。
口を開けば自民批判。その文言、手段はほぼなんでもあり。
とてもじゃないけど政治家どころかただの大の大人としてすら尊敬できるとは言い難い内容。
政権交代しても結局無策で、それまで掲げてきた綺麗事だらけで具体性が見えてこなかったマニュフェストはやっぱり一つも守られることはなかった。
結果自民党が整備してきたインフラなどをただ悪として壊しただけで、場合によっては現実を知って後から元の形に戻そうとしたりとひたすらに反自民を貫いただけの無能だった。
と言うかあの政権の最初の目玉は埋蔵金であり、支持者はよくあんな恥ずかしい文言で支持できたなと思う。
まあ、ご存知の通りなんやかんやかけてやっぱり政権維持はダメだった。

友人も政治家はバカばっかだから頑張って育てないといけないとは言ってたものの、民進党じゃさすがに今更何の期待も掛けれない。
しかし確かに政権持てるのが自民一党と言うことにやはり焦燥感はある。

結局、鍵は自民党が握っているんじゃないかと思っている。
今の時代、政権維持のノウハウは全部自民が持ってるだろうし、長い間政権を勤めた分の安定した信頼もある。
自分が政権を、日本という国の運営に関わりたいのであれば、右派思想であろうが左派思想であろうがそうした事は肚の底に隠してでも自民に潜んでいると思う。
中には信念を曲げずに独立した政治家もいるだろうけども、自民以外が政権を担えるかとなると現状難しいだろう。一人の政治家は支持できても、政党としての支持となると話が変わってくるからだ。
なので理想としては、自民内の左派と右派が割れてそれぞれ政党を担って競合してくれれば理想的じゃないかと個人的には思っている。

もし友人路線、1から政党を育てるのであれば、それには先ずカリスマ的な政治家を待つことになりそうだ。
カリスマと言えば、主義・思想は置いといて橋下徹が思い浮かぶ。
政治家のスタイルとして彼は理想的だった。
自分のやりたいこと、ビジョンを持っていて、その道筋を筋立てて、実行して行く。
本来政治家は何かしら主義・思想・理想を持ってなるもので、そのビジョンに向けてグイグイと皆を引っ張ってもらいたいもので、国民と一緒になってただただ文句を言うだけの政治家は不要だと思う。
もちろん政治家としての自分の仕事をした上でいろんな政策に対し突っ込んでもらえるなら何の申し分もない。

とにかく今、純粋な自民支持と言うのは少なく、自民支持と言うのは単に反自民に対して
自民潰すなら次どうするの?と言うだけで、大多数は新たな救世主、救世的展開を待ち望んでいると思う。
もう反自民だけの無策は要らない。
策を講じた抗自民が必要であり、それを切実に望んでいる。