やぎさんち

ブログとか長続きしません、でもたまに言いたいこと書いてみます

シュールなマンガは好きですか?ヒナまつりのすゝめ

思い出したように今更ヒナまつり10巻を買ったんですが、何これと笑い何これと感動しました。

思えばシュールさって、「何これ」という状況が作り出すんだなと言うことを徹底してシュールなこの漫画は教えてくれます。

普通漫画と言えば伏線はったり風呂敷広げて、それをいかに上手く畳むかなんてところをよく楽しみにしている私ですが、ヒナまつりに関してはそんなのもうどうでもいい、畳まなくていい、投げっぱなしでいい、だってヒナまつりは他の漫画が頑張って伏線はったり回収したりって割いてるエネルギーを、いかにしてシュールな状況を生み出すかに割いていると、ギャグマンガなのに9巻での突然の3年経過と話をぶん投げて10巻で上手いことまたシュール漫画として着地させていることで確信しました。

前々からごりごりのギャグ押しではなくシチュエーションで押してくるシュールさがたまらんくて好きでしたが、普通ならもう独立して別漫画にでもなりかねない、3年経過して主人公と益々接点がなくなっていくサブキャラ達のストーリーを、主人公とのシュールな対比としてあえて一つの漫画に残している。そこまでしてシュールなんだなと痛感しました。

 

「何これ」と笑って泣けるシュール漫画【ヒナまつり】おすすめです。